はじめに

img_acu05

腰痛は、現代病の中で多くの方が経験される症状のひとつですね。
厚生労働省研究班の発表によると、腰痛の人は全国で推定2,800万人いると言われています。中でも40~60代の約4割が腰痛で悩んでいるそうです。

当院では、急性腰痛(いわゆる“ぎっくり腰”)で来院される患者さんが多く見られますが、その他様々な要因で腰痛を発症した患者さんもおられます。
自分自身では、主な原因を特定出来ないケースもありますが、詳しく日常生活・仕事内容・運動歴などをお聞きしていると、その方特有の身体の使い方を発見することもしばしばあります。
来院される患者さんの腰痛の原因が何であるのか、現在の身体の状態(姿勢・傾き・バランス・動き・筋肉の固さなど)を問診・視診・触診した上で、もっとも最適な方法を提案させていただきます。
腰痛の中でも、特に筋肉の異常から来る痛みなどは、鍼(はり)治療が適しています。

腰痛の種類

急性の腰痛

いわゆる“ぎっくり腰“が代表的なものですね。特に身体が十分に目覚めていない午前中に、不意に体勢を変えた時などに発症することが多いようです。
また、「朝ベッドから起きようとしたら、腰に強い痛みを覚えた。四苦八苦してようやく起きる事が出来た」と来院する方もおられます。この場合も急性の腰痛の一種と考えております。

“ぎっくり腰”発症のケース

  • 朝洗面所で顔を洗おうと前かがみになった瞬間に「ギクッ」ときた。
  • 床に落とした物を拾おうとして、前にかがんだ瞬間に痛みが走った。
  • 朝化粧をしていて、やや横にある化粧品を取り上げようとして、手を伸ばした瞬間に腰に違和感を覚え、次第に痛みが強くなってきた。
  • 朝、出かける際に玄関で靴を履こうとして、中腰姿勢になった瞬間に痛みが走った。

“ぎっくり腰”は、何か重い物を持って痛めるイメージがありますが、大半は自身の身体をかがめるなどしただけで痛みを感じることがほとんどです。

病院で検査を受けたが骨には異常がみられないと言われた腰痛

特にレントゲンには写らない、筋肉に起因した腰痛には、鍼(はり)治療は抜群の効果を発揮します。硬くなった筋肉がハリを打つことで軟らかくなり、さらに動きが良くなることで腰痛が解消されることもしばしばあります。
また、腰だけでなく、おしり周りの臀筋や太ももの裏の筋肉などの筋緊張なども、腰痛に関係している場合が多く見られます。

運動のやりすぎ(オーバーユース)で、筋肉に疲労を起こした腰痛

運動のやりすぎで起こる腰痛もあります。疲れた筋肉に鍼(はり)治療を行うことで、硬くなった筋肉を緩めることが出来ます。これにより、腰痛を和らげる効果もあるのです。
主にスポーツをする学生・主婦の方にもお勧めいたします。

ストレスの多いOL・サラリーマンの方に起こる腰痛

原因の特定出来ない腰痛の中で、特に多く見られるのが、ストレスに起因した腰痛ですね。 また、仕事などで腰に負担のかかる姿勢で作業を行う方も腰痛を発症することが多いようです。その場合に、鍼(はり)治療は最適です。
仕事で重いものを持ったり、長時間同じ姿勢でパソコンなどの事務をこなしていると、腰が痛くなってきますよね。お勧めです。

子育て中の若いママの腰痛

子育てはとても重労働ですね。日常の掃除や、買い物に加え、小さなお子さんを抱き上げる機会も多く日々大変だと思います。そのような時にも腰痛を起こしやすいので、我慢する前に鍼(はり)治療を受けてみてはいかがでしょうか。

腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症と病院で診断された方へ

腰椎椎間板ヘルニアの中でも急性の腰痛はありますが、ある程度時間が経って症状が落ち着いている状態の方もおられると思います。その場合、診断をされた病院で、しばらく様子を見ていきましょう。また自分で予防のための運動をするように言われて、特に今はリハビリはやっていないけどまだ腰は痛む、という方はおられませんか。
そのような方には、定期的に鍼(はり)治療を受けていただくことで、腰痛の悪化を防ぎながら日常生活レベルで支障なく過ごすことの出来る身体をつくることが出来ます。
当院に長く通院されている方の中に、以前に腰の手術を受けて、その後病院へは経過観察だけ定期的に通っている方がおられます。その方は、病院では特にリハビリは必要ないと言われ、自分で運動するしかなかったのですが、当院で定期的に鍼(はり)治療を受けることで、サイクリングなどのスポーツも自由に楽しみながら、仕事も問題なくこなす事ができ、毎日を過ごされています。このように、ケア感覚で鍼(はり)治療を続けることで、豊かな生活も手に入るのです。