足から体を変える=根本治療

なぜ足なのか?

img_foot02

私は、整骨を開業してから様々な勉強と研究を重ねてまいりました。
人の身体はなぜゆがむのか?どこにその要因があるのか?など常に疑問をかかえながら、日々施術を繰り返し行ってまいりました。一度身体を矯正しても、なぜか元に戻ってしまう方もおられます。そこで、足に着目してみました。

足を専門に治療する“ポダイアトリー”

人間は、歩く動物です。
日本ではまだ珍しい分野ではありますが、アメリカ・カナダ・オーストラリアではメディカルドクターとは別に足を専門に治療する“ポダイアトリー”という足専門医が存在します。
足の診察・計測などを行い評価して、必要に応じて専用の装具・インソールなどを作成して処方し、場合によってはOPE(手術)などを行う所もあります。もちろん当院ではOPEなどは出来ませんが、足を評価してその方の足の状態を把握することで、どのようなトラブルになっているか判断出来ます。そこに最新のコンピューター(ゲートビュー)を導入し、足の状態・バランス・歩き方を見ていくことで、より評価の精度を上げることが出来ました。
足の状態を変えることで治療の効果を上がる。足から身体のバランスを思考する。一度、足のバランスを見てみたいと思いませんか。

足からの検査をおすすめしたいのはこんな人

  • 歩く時に、足の裏が痛む。
  • いつも同じところに、マメ・タコが出来る。
  • 外反母趾が気になる。
  • 体重をかけると、踵(かかと)に痛みがある。
  • そういえば、昔に捻挫(ねんざ)してから、膝と付け根(股関節)が痛むようになった。
  • 靴の外側(又は内側)が極端にに減っているのが気になる。
  • 人から「扁平足だね」と言われた。
  • O脚が気になる。
  • 「巻き爪」って、なぜ治りにくいの?
  • 腰痛の原因がよく分からない。(足が原因で腰痛が起こることってあるの?)
  • 最近、よく ふくらはぎがケイレンする。(つる)
  • 子どもの歩き方が、不自然なような気がする。(どうも引きずるような歩き方だ。)

ゲートビューとは?

ゲートビューによる歩行検査
ゲートビューによる歩行検査

当院では、足のバランスと歩き方の特徴について、視覚的に検査を行う『ゲートビュー』という測定検査機器を備えております。
患者さんの立ち方と歩き方の癖(弱点)を測定して、その方がなぜトラブルを抱えているのか、足から原因を探ろうとするものです。

ゲートビューを使って何を見るの?

1.立った姿勢の前後・左右のバランスを計る

まず立った姿勢でのバランス、両足に掛かる前後・左右の圧力を細かく測定します。これにより、日頃どちらの足に重心をおいて立つクセがあるのか、また偏った立ち方をすることで、どこか他のところ(足腰)に負担が掛かっていないかなど探っていきます。

まず前後では、足の指の方か踵(かかと)のどちらかに重心がかかった立ち方をしていないかを見ていきます。
次に、左右のバランスを見ていきます。左足と右足のどちらかに偏った立ち方をしていないかが分かります。本来、人間は前後左右均等に重心をとった姿勢がバランスの取れた立ち方となります。それを数値的に測ることで、細かいバランスの偏りが分かります。
例えば、極端に後ろ重心だった場合、腰痛の原因になる可能性があります。また、身体のねじれ状態も現されるので、どちらに骨盤がねじれて痛みを出しているかなども分かります。
(※サーモグラフィーの画像→立っている時のデータ(見本))

2.歩くときの状態『歩行軌跡』を測定

次に、歩くときの状態を測定します。立った姿勢のみでは分からない問題を、歩くという人間本来の動作を分析することで、さらに深く追求していきます。

歩いた時にどのように身体の重心が移動していくかを0.06秒間隔で点線にて現していきます。この点線を結ぶと、一つの線状に重心が移動していくことが読み取れます。これを、『歩行軌跡』と呼びます。この線状の動きを解析することで、その人がどのような歩き方のクセを持っているかを知ることができます。
例えば、足首(かかと)が極端に内側に倒れ込んでいたために他の所に負担がかかる歩き方になっていた。 または、歩く時に足が十分に背屈されずにすり足で歩いている状態なども読み取ることが出来ます。

さらにこんな細かいことまでわかるんです

立っている時

  • 足の形の特徴が分かります。 ⇒ 偏平足・甲高(ハイアーチ)・ナローな足
  • 最近特に注目されている、いわゆる「浮き指」状態を確認できる
    ⇒本来あるべき5本の足の指の形が、写らない状態です。これにより、しっかりと地面に立つことが出来ないため、腰痛や足のトラブルの原因にも繋がります。

歩いた時

  • 足関節の可動域の状態が分かります。 ⇒ 関節の動きの低下など。
  • 足関節または膝関節の状態を推測出来ます。 ⇒ パターンがあります。
  • 膝に負担をかけている歩き方
  • 膝関節十字靭帯を損傷している人の歩き方
  • 足関節を捻挫しやすい足の特徴
  • 骨盤の前後傾き状態 ⇒ 脚長差として(どちらが長い又は短い)
  • 開帳した足 ⇒ 外反母趾になりやすい状態の歩き方

測定したデータをどのように活用できるのか?

  • 身体のバランスを測った後に施術を行い、変化を目で確認することができる。
  • 原因と推察された箇所に施術を行う。(足関節・股関節の可動域の低下など)
  • 歩き方の癖を把握して、正しい歩き方(痛みが出ないような歩き方など)の指導を行う。
  • 筋力トレーニング・ストレッチの指導を行う。
    例)足関節の可動域が低下している。⇒ ふくらはぎ(アキレス腱・下腿三等筋)のストレッチの必要性がある。
  • テーピングを貼る。
  • 足底板 (インソール)を作成して、足からのバランスを矯正することができる。
    ⇒ 足のバランス足底板インソール治療:既成品と完全オーダー品

※オーダーによるインソール作成は、約2週間ほどかかります。

足のバランス足底板「インソール治療」で効果が期待できるのは?

img_foot10

  • 外反母趾の痛みで悩んでいる
  • 足全般のトラブル(母趾の痛み・踵の痛み・足底腱膜炎・シンスプリント)がある
  • スポーツをする方で、足の痛みがある
  • ひざの痛みで悩んでいる
  • 腰痛で悩んでいる
  • 股関節の痛みで悩んでいる
  • 足首に捻挫ぐせ(よくひねる)がある
  • 「姿勢が悪いよ」と人に言われ悩んでいる
  • 偏平足で悩んでいる

測定の例

偏平足の足

偏平足の足のデータ
偏平足の足のデータ

偏平足の方は、足の不安定な状態からなるケース、足周りの筋肉が衰えてなるケース、また、スポーツ選手で足裏の筋肉が発達した方にもまれに見られます。【偏平足の足のデータ】の足の方は、長年陸上をしていた方で筋肉が発達しているケースです。

ハイアーチの足

ハイアーチの足のデータ
ハイアーチの足のデータ

いわゆる甲高の足の形です。ハイアーチの足の方は基本的に立っているだけで常に負担がかかるので、疲れやすいとも言えます。

ナローな足

ナローな足=足幅の細い足のデータ
ナローな足=足幅の細い足のデータ

ナローとは「足幅の細い足」です。特に最近の若い人の足に見られます。実際、スポーツをしているにもかかわらず、力のない足をしているケースもあります。

ねじれたバランス

ねじれたバランスのデータ
ねじれたバランスのデータ

左右の点が前後して捻れている様子が分かります。左の重心が前に、右の重心が後ろにあるため、ちょうど身体を捻る状態で立っていることになります。骨盤の歪みが想定されます。