打撲=うちみ

重症例:自転車の転倒による大腿部の打撲
重症例:自転車の転倒による大腿部の打撲

打撲は、いわゆる“うちみ”です。
スポーツや日常生活の中で身体の一部を何かの拍子にぶつけたり、当たったりして起こるケースも多くみられます。交通事故など瞬発的にいきなり外力がかかって起こる重篤なものもあります。

打撲の処置

軽いものであれば、自宅で保冷剤あるいは氷を使って冷やすことによって1週間ほどで楽になりますが、中にはズキズキと痛み、日常生活も支障があるものもあるので、すぐに受診することをおすすめします。

▼交通事故により負傷▼