【ぎっくり腰(ギックリ腰)警報発令です。】

【本日10月14日(金)の予約枠状況】

申し訳ございません。

本日、午前・午後の予約枠はいっぱいになりました。

 

おはようございます。

山陽電車 「別府駅」 徒歩5分にある 加古川市別府町のふじい整骨院です。

 

東京都心で58万件が停電したと報道がありましたね。

たった1箇所での問題で都心の電車・信号・ビル内等が全て停電して大変なことに。

こんなことは想定外であったと思いますが、今後の原因をしっかり調査してこのようなことに

ならないようにしっかりと対策してほしいものです。

 

さて、

本日の報告です。

急に朝晩気温が下がり、体調を崩していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

当院も立て続けて、ぎっくり腰(急性腰痛症)の患者さんが来院されました。

 

ぎっくり(ギックリ)腰の発症の原因は、重いものを持って起こすこともありますが、

 

ほとんどは自分の身体をかがめようとした時などご自身の動作内で起こしてしまうことが多いのです。

 

今回来院された方も、柔らかいソファーに座っていて立ち上がった際に「ギクッ」となったり、

 

身体をやや前にかがめた瞬間に腰に痛みが走ったと言うものでした。

 

しかも、この時期の症状は重症度が高いです。

お一人は、歩くときに身体をかがめ、背中を伸ばせない状態で待合から入ってこられました。

 

また、お一人は座ると痛みが強くなるためずっと待合で立った状態で待っておられました。

 

 

予防策として、

1・身体が冷えて筋肉がかたくならないようにしましょう。

特に足元を冷やさないようにした方が良い。

 

2・身体を動かす前には腰と股関節を意識した動作をするようにしましょう。 多くのぎっくり腰は、無意識に曲げるなど一瞬の動作で起こしています。

 

3・長時間椅子に座るなど同じ姿勢をしていた場合、動き始めに注意が必要です。

 

ぎっくり腰になってしまったら、

1・「ギクッ」ときた瞬間は、無理をせずにそのまま少し動かさないようにしますが、状態が落ち着いてきたら少しづつ動かしてみて動ける範囲で動いてみてください。

 

2・痛みが強い場合は、無理をしないようにしてください。

 

3・温める方が良いか冷やす方が良いか?

腰の痛みが強く炎症状態が強い場合は、痛い場所を冷やす方が良いと思います。

しかし、状態が落ち着いてきた場合は温める方が良いでしょう。

(入浴で温めても良いと思います)

 

4・安静は、初期の痛みが強いときだけです。

動けるようになれば少しづつ無理をしない程度に動いていく方が早く痛みが軽減していきます。

 

ただし、足が痺れ痛む、安静にしていてもズキズキとして痛みが治まらない(夜間痛)などの場合は、違う病気も疑われますので医療機関を受診・相談されることをおススメいたします。

 

※特に、夜中に痛みで寝れない(夜間痛)、お小水が出ない(排尿・排便障害)、足がしびれてうまく動かない(麻痺)などの症状は緊急を要する場合もあります。

 

すぐに病院受診しましょう!

 

 

9b577c64fa8b89738cdf3c2ca32928c4_s

 

~兵庫県加古川市・高砂市・播磨町で腰痛・肩こり・足の痛みでお悩みなら~

鍼灸・整体・ソーマダイン治療のふじい整骨院

臨床30年のべ48万人の経験をもつ院長が責任をもって治療します。

 

【施療時間】

午前

【月・火・水・木・金】 9:00~12:00 (受付は11:30まで)

【土】 9:00~13:00 (受付は12:30まで)

 

午後

【月・火・水・金】16:00~20:00 (受付は19:30まで)

休診日 木曜日午後、日曜日、祝祭日

 

【治療代】

初回 8,000円(税込み)

2回目以降 6,000円(税込み)

 

当院は明らかな外傷以外は健康保険を取り扱わず自費治療をお勧めしております。
自費治療では長年悩まされた腰痛やさまざまな慢性症状に対しては、

鍼灸・整体・最新治療機器を利用した総合治療を行います。

 

【ふじい整骨院ホームページ公式ホームページ】
http://fujii-seikotsuin.com/

電 話 079-437-3789
(予約専用フリーダイヤル 0120-47-3789)

 

 

 

 

 

コメントを残す