【「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」】『DEATH NOTE THE MUSICAL』

【デスノート・ザ・ミュージカル 大阪公演 2017】

 

「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」

 

いやー面白かったです。

 

こんにちは。

山陽電車「別府」駅下車。北へ徒歩5分のふじい整骨院院長のふじいです。

 

 

2年前の2015年、日本と韓国でも上演され話題となった

「デスノート・ザ・ミュージカル」に、先日(2017.8) 妻と2人で観劇してきました。

 

大阪は 2年前と同様、大阪梅田芸術劇場での公演だったのですが、機会があれば

もう一度ぜひ観に行きたいと思っていたのです。

 

(実は、今年2017年3月に同じく大阪で開催されたデスノート・ザ・コンサートにも

行ってました。⇒(デスノート・ザ・コンサートダイジェスト映像:リンク先

 

 

死神リュークが人間界に落としたデスノートを、成績優秀な高校生 八神月(ヤガミライト)

が拾ったことから始まるこの物語。

 

原作は、週刊少年ジャンプに連載された

大場つぐみ原作・小畑健 作画の人気少年漫画『DEATH NOTE』です。

テレビや映画でも上演され、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

 

2015年にこのミュージカルで死神リューク役を演じたのが、吉田鋼太郎さんでした。

むちゃくちゃ存在感のある死神役でした。

今回は他の仕事と被ってしまい出られなかったようです。

 

八神 月(ヤガミ ライト)役には、妻がファンである浦井健治くんが演じ、
月(ライト)のライバルであるL(エル)役は、大阪出身の小池徹平くんでした。

二人とも公演最後の幕で、かなり大きな拍手喝采を浴びてましたよ!

 

個人的に良かったと思ったのが、レム役の濱田めぐみさんでした。

ミュージカル界の実力派と言われた彼女の透き通る声は、聞き惚れてしまうくらい心地よい感じでした。

 

死神でありながら ミサ(唯月ふうか)に対して、深い愛情をいだきいたレム(濱田めぐみ)が

歌う歌詞(愚かな愛)の中で、

 

「この身体が砂になろうと消え去ろうとどうでもいいことだ」

「すべてできることならあげる 何も残さず」

「澄んだ空のように 今は不思議に胸が静かだ」

といったところあるのですが、聴いていて”ジーン”ときてしまいました。

 

Death Note Musical 20,愚かな愛 濱田めぐみ

 

 

 

今度は、9月2日(2017)から東京で公演されるようです。
是非、機会があれば観に行って下さい。

 

デスノート・ザ・ミュージカル

『DEATH NOTE THE MUSICAL』 2017 ダイジェスト映像

https://youtu.be/XUwxWt-Aeos (リンク先)

※ユーチューブの映像です。

 

~兵庫県加古川市・高砂市・播磨町で腰痛・肩こり・足の痛みでお悩みなら~

鍼灸・整体・ソーマダイン治療のふじい整骨院

 

当院は、あなたの「出来ない」を「出来る」に変え、

当院に係わる方の悩みを圧倒的に解決する整骨院です。

臨床30年のべ48万人の経験をもつ院長が責任をもって治療します。

 

【治療代】

初回     8,000円(税込み)初診料を含む

2回目以降 6,000円(税込み)

 

※クレジツトカードでのお支払いも対応しております。

 

当院は外傷以外は健康保険を取り扱わず自費治療をお勧めしております。
自費治療では長年悩まされた腰痛やさまざまな慢性症状に対しては、

鍼灸・整体・最新治療機器を利用した総合治療を行います。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

当院は、完全予約制です。

さきほどぎっくり腰を起こした。昨晩、誤って足をくじいて捻挫(ねんざ)した

という場合は仕方がありませんが、以前からの痛みや調子が悪いといった場合は

お早い目の予約が確実です。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

患者様の声はこちら

 

各症例はこちら

 

ご予約はこちら

 

受付時間・アクセスはこちら

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ふじい整骨院 公式LINE@ページ

 

▽友達追加で当院からのお知らせをキャッチできます。(不定期)

 また、簡単な症状のお問い合わせもできます。

 

 

▽PCからブログをご覧の方はスマホ、iPhoneでLINEアプリを開き

下記QRコードを読み込んでください。

 

コメントを残す