主に、藤井みわがお手伝いさせていただきます

藤井みわ

手話を覚えたきっかけ

きっかけは、開院間もない頃に聴覚障がい者の方が来院され、受付から問診、治療までを筆談と身振り・手振りで対応したことでした。

本当に訴えたいことが汲み取られているか?
私たちの説明が伝わっているのか?
そして納得して治療を受けていただけたのか?

など“手探り”のまま見送ったのを覚えています。

それから、他の患者さんからの情報やご紹介などもあり、地元の公民館の手話サークルに参加するようになりました。週1回の勉強会と休みを利用してのボランティア活動などで、実際に多くの聴覚障がい者と触れ合うことで、手話を覚え、コミュニケーションがとれるようになっていきました。

加古川市登録手話通訳者としての経験

その後、「加古川市登録手話通訳者」として数年間活動した経験を持っております。
当院では、院長も簡単な手話ならOKですし、スタッフ全員“口話”でのコミュニケーションには慣れておりますので、通訳者を伴わずに通院していただけます。
是非、お気軽にご来院下さい。

手話