シーバー病はなぜ起こるのか?

シーバー病
シーバー病は成長期のお子さまによくみられる「かかとの痛み」で、活発なお子さまほど発症しやすい傾向にあります。主にサッカーなど長時間走る激しいスポーツをしているお子さまに多くみられ、小学校低学年〜中学生ぐらいの時期に発症することが多い病気です。

成長期のお子さまのかかとは成長軟骨と踵骨骨端核(しょうこつこったんかく)で構成されており、成人になるとこの軟骨はなくなり、しっかりした一つの骨になります。

かかとにはアキレス腱や足底筋膜がくっついており、歩いたり走ったりして足を動かすと、アキレス腱や足底筋膜がかかとを引っ張るような力を及ぼします。成長期のお子さまのかかとは脆弱なため、運動で過度な負担がかかとにかかると炎症を起こしてしまうのです。

シーバー病の治療を本格的に行っている病院はそこまで多くないため、診断されてもシップを勧められる程度の簡単な処置で終わってしまうことも少なくないそうです。

ふじい整骨院のシーバー病の治療

当院は手術をしたり外用薬を処方したりといったことはできませんが、様々な治療法を行い症状の改善に努めます。

電流治療器などの物理療法を使用して症状を抑えたり、かかとを安定させるサポーターやテーピングを使用してアキレス腱へのストレスを軽減させたりと、お一人おひとりに合わせた治療を行い改善に導きます。

また、当院では必要に応じてオーダーメイドの装具・インソールを作製しております。ご自身の足の形に合ったものを利用していただくことで、足元が格段に安定するのはもちろん、全身のバランスを整えることもできるのです。

シーバー病の治療

足のことでお悩みならふじい整骨院におまかせください

院内で適切な治療を受けながら、こういった装具・インソールを日常生活に取り入れていただくことで、より高い治療効果が期待できます。

当院はシーバー病をはじめ、足に関する様々なトラブルに幅広く対応しております。私たちと一緒に足から健康を考えてみませんか?

(柔道整復師・鍼灸師 藤井憲之 監修)