鍼灸治療とは

鍼灸治療
鍼(はり)と灸(きゅう)を合わせて、鍼灸(しんきゅう)と表現します。
ツボ(経穴)や筋肉の反応点を鍼で刺激することで、筋肉を緩めたり血流を改善します。さらには身体が本来持っている自然治癒力や免疫力をアップさせる伝統治療です。
一般的に用いる鍼は、太さ0.16~0.20ミリ(髪の毛ぐらい)の細いもので、ほとんど痛みや刺された感覚はありません。

2つのタイプの鍼灸治療

鍼灸治療は、東洋医学的な方法と西洋医学的な方法の2つのタイプに分かれます。
東洋医学的治療は主に体質改善を目的としたもので、西洋医学的治療はコリや痛みを取り除くのに効果を発揮します。

ふじい整骨院のはり治療

ふじい整骨院のはり治療
当院では、主に西洋医学的鍼治療を行っております。
鍼治療の手法としては、一本の鍼でツボを次々に刺激していくやり方と、症状の出ている範囲及び関連のあるツボに数本から数十本の鍼を使用するやり方がありますが、お身体の状態に合わせて併用することもあります。

いずれの方法も、整体や温熱治療を組み合わせることでさらに効果が期待できます。

また、“使い捨ての鍼”を使用しておりますので、いつでも新品の衛生的な状態で安心です。
鍼灸師歴30年の私の鍼は、「ソフトで繊細な打ち方」とおっしゃっていただくことが多いようです。

何なりとご相談ください!

鍼は痛くありません

鍼は痛くありません
髪の毛と同じくらいの太さの鍼を使用していますので、基本的に痛みは感じません。
鍼治療の後、まれに“めいげん反応”が出ることがありますが、数時間で治まります。

これは“好転反応”とも言われるもので、鍼の刺激を受けた身体が良くなろうと反応(一時的な痛みや重だるさ、眠気など)を起こした状態ですので、どうぞご安心ください。

むしろその後に症状が軽減することが多くありますので、不安な場合はご遠慮なくご相談ください。

(柔道整復師・鍼灸師 藤井憲之 監修)

インターネット予約はこちら
電話予約はこちら