寝違えによる首の痛み 長引く場合は要注意

寝違えによる首の痛みには急性痛と慢性痛があり、一般的に多いのは急性痛といわれています。
通常の痛み、いわゆる急性痛であれば2〜3日で自然に治りますが、なかなか治らないといったケースもあります。

これが慢性痛と呼ばれるものです。

長引く首の痛みに加えて手の痺れを感じたら、ヘルニアが潜んでいる可能性が考えられるため注意が必要です。

寝違えの原因とは

寝違えの原因として最初に考えられるのは「長時間同じ姿勢で寝ていること」です。長時間同じ姿勢で寝ていると、筋肉と筋肉が不用意な引っ張られ方をして血流が悪くなるため、その結果寝違えを引き起こしてしまうのです。

仰向けに寝てじっとしているのが正解だと思われがちですが、実は逆効果なんです。また、意外に思われるかもしれませんが寝違えの原因は首でないことも多くあります。

ふじい整骨院の寝違えの治療

鍼治療

寝違えを起こしてしまう場合、「背骨や骨盤の歪み」が原因と考えられるため、全体的な調整を行うことで寝違えを起こしにくくすることが可能です。

さらに、整いやすい身体を作るにあたって有効とされているのが「はり治療」です。針を使って「トリガー」という筋肉の硬いと思われる箇所を刺激し、筋肉の緊張を緩めてあげたりしこりを取ってあげることで、改善率が高くなります。

寝違えによる首の痛みでお悩みの方は今すぐご予約を

今すぐご予約を

数日経って自然に症状が治まるケースでは「たかが寝違え」と見過ごしてしまいがちですが、やはり頻繁に起こるとなると辛いものがありますよね。

身体を整えてあげるだけでも未然に防ぐことができますので、寝違えによる痛みでお悩みの方はぜひ一度ご相談いただけたら幸いです。

(柔道整復師・鍼灸師 藤井憲之 監修)