超音波画像観察装置(エコー)とは?

体の中を見られる装置

エコー
超音波画像観察装置(以下:エコー)をご存じでしょうか?

代表的なものでは、産婦人科でお母さんのお腹に宿った赤ちゃんの姿を見るものがありますね。
最近では3D・4D画像として、もっとリアルに動いている姿を見られる装置もできています。

医療における画像診断では、レントゲンやCT・MRIなどがありますが、エコーは放射線を浴びることのない安全な機器として整形外科・リハビリの分野でも急速に浸透してきています。

近年、超音波の画像が機器の進歩により大変見やすくなり、当院では骨・筋肉・靱帯・関節の状態を詳細に観察するために大いに活用しております。

エコーの特徴

  • レントゲンやCT検査のように被爆しないので繰り返し観察できます
  • (妊婦さんやお子様にも安心)

  • 静止状態だけでなく動画でも確認が可能なので、より多くの情報を得ることができます
  • 問診時に、画像を見ながらリアルタイムで説明できるので、患者様ご自身も現在の状態を把握しやすくなりま

エコーで何を見るのか?

例えばこの写真の患者さんの場合

右橈骨遠位端骨折
年齢
70歳代
性別
女性
原因
自宅にて布団の上でバランスを崩し、そのまま右手を床について負傷
写真のようにエコーをあてて、右橈骨遠位端骨折(みぎとうこつえんいたんこっせつ)の見立てで、エコー検査を実施。
写真のようにエコーをあて検査
▽健側(負傷していない左手)
健側(負傷していない左手)
▽患側(負傷した右手)
患側(負傷した右手)

このようにエコーは、レントゲンには写らないような筋肉・靱帯・腱・関節包などのケガ(骨折・捻挫・肉ばなれ)の具合を見ることができます。

「骨が折れていないか?」
「筋が切れていないか?」
「関節に水が溜まっていないか?」

などケガ直後はもちろん、時間の経った症状に対しても多くの情報を得ることができます。

また、筋肉が動いている状態を見ることができるので、「 どの筋肉の動きが少なくなって働きが悪くなっているのか?」などの原因を知るためのツールとして効果を発揮しています。

より的確に、より確実に判断する

エコー観察
私たち柔道整復師は、骨・筋肉・関節の専門家です。
皆様のお身体の状態を診て、触って、骨や筋肉がどのような状態であるかを判るよう訓練されています。
それに加え、このエコーを用いることでより的確に判断することが可能となります。
当院では、問診の段階で骨折・捻挫・腱板断裂(肩)などの疑いがあれば、エコー観察を行います。

必要に応じて、適切な医療機関へご紹介

エコー観察の結果、精密検査や投薬などが必要な症状と判断した場合には、適切な医療機関へご紹介させていただくこともあります。

(柔道整復師・鍼灸師 藤井憲之 監修)

インターネット予約はこちら
電話予約はこちら