ヘルニアと混同しやすい坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、お尻から足の裏にかけての痛みや痺れのことをいいます。
症状が起こる部位は人によって様々で、お尻から太腿までの範囲が痛む方もいらっしゃれば、太腿だけ、お尻だけに症状がでる方もいらっしゃいます。

ここで気をつけたいのが膝から下に症状がある場合です。

膝から下に症状が起きている場合、痺れを伴うことが多いためヘルニアと誤診されやすいということです。坐骨神経痛とヘルニアは症状が似通っているため、お医者さんでも判断が難しいのです。

とはいえ、ヘルニアがあるからといって坐骨神経痛を引き起こさないとは一概にいえません。坐骨神経痛は腰痛からの派生ともいわれているため、ヘルニアがあると坐骨神経痛を引き起こすリスクが高いともいわれています。

かといって、「レントゲンやMRIでヘルニアが見つからなかったから、坐骨神経痛だ」と安易に決めつけることもできません。病院でヘルニアの診断を受けたものの、実際はお尻の緊張だったというケースも過去に存在しているので、画像=症状とは言い切れないのが現状です。

坐骨神経痛を見極めるポイント

坐骨神経痛を見極めるポイントとして、梨状筋(りじょうきん)とよばれる、お尻の深いところにある筋肉の異常が挙げられます。

梨状筋に負担がかかって硬くなってしまうと、坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けたりしてお尻や太腿に痛みやしびれが生じます。こうした症状を「梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)」と呼びます。

坐骨神経痛と強い関連性があることから、診察の際には梨状筋の状態の確認をさせていただいた上で原因を特定します。

ふじい整骨院の坐骨神経痛の治療

はり治療
坐骨神経痛の治療としましては、やはり基本の「はり治療」「電気治療」「整体」が欠かせません。

はり治療、電気治療に関しては少しずつポイントを変えながら、原因と思われる箇所を探ります。ここが原因だと思われるところが見つかればその部分を集中して狙い、深いところを刺激します。

整体に関しては全身整体とよばれる、全身の歪みを調整する施術を行います。身体のバランスが整うことで、筋肉の緊張が緩和され症状の改善が期待できるというわけです。

坐骨神経痛でお悩みの方は今すぐご予約を

今すぐご予約を
実際に坐骨神経痛を訴えて来院される患者さまはそこまで多くありませんが、いざ診察してみると坐骨神経痛だったというケースは少なくありません。坐骨神経痛はそれぐらい身近な症状なのです。

早期に適切な治療を受ければ、重症化するのを十分に防ぐことが可能ですので、下半身の痛みや痺れでお困りの方はぜひ一度ご相談くださいね。

(柔道整復師・鍼灸師 藤井憲之 監修)