肩の動きが悪くなってきた…もしかしたら四十肩(五十肩)かもしれません

四十肩(五十肩)
中高年に差し掛かると、「肩が痛い」「腕が上がらない」などの症状がでることがあります。これらの症状を40代では「四十肩」、50代では「五十肩」と呼び、四十肩・五十肩ともに原因がはっきりしないのが定説となっています。

中高年の方で「原因はわからないけど、日に日に腕が上がらなくなってきた」といったようなケースであれば、四十肩(五十肩)判断して間違いないでしょう。

四十肩(五十肩)は自然に治るともいわれていますが、放っておくと慢性化してしまうことも多い疾患です。

痛みが強くなってくると寝付きが悪くなったり、寝返りを打つ度に痛むなど深刻な事態に陥ることも考えられます。

四十肩(五十肩)の治療

五十肩の治療
四十肩(五十肩)と一口に言ってもどこにアプローチするのが適切かというのは、お一人おひとりの身体の状態によって異なります。

まずはどの部分が炎症を起こしているのか、どの部分の動きが悪くなってるのかを見極めます。その上で患者さまの症状に合わせて電気やはりといった治療を行い、経過をみながら治癒に導きます。

四十肩(五十肩)でお悩みの方は今すぐご予約を

四十肩・五十肩でお悩みなら今すぐご予約を
四十肩(五十肩)は早期発見、早期治療がすごく有効な疾患です。

腱が切れている場合であれば別ですが、正しい治療を行えば基本的には完治します。
半年から1年ほどみていただければ、いつの間にか治っていたというケースも少なくありません。

「なんとかこの痛みを取りたい、根本から解消して元気な身体になりたい」と心から思う方に対して、私の持てるすべての手段を駆使して施術にあたります。

もしかして四十肩(五十肩)かな?と思ったら、ぜひ一度当院にてご相談ください。

あなたが今後の人生を快適にお過ごしいただくためのサポートができれば幸いです。

(柔道整復師・鍼灸師 藤井憲之 監修)