【本当は恐ろしい外反母趾 気になったら早めの対策を】

外反母趾とは足の変形のことで、母趾(足の親指)の付け根の関節が第二趾のほうに「くの字」に曲がったものをいいます。

外反母趾を完全に治すことは難しいですが、外反母趾による関節の痛みを緩和させることはできます。

ふじい整骨院の外反母趾の治療

親指の付け根の関節の周囲が靴などで繰り返し圧迫されると、その関節の周囲にある滑液包(かつえきほう)という部分が炎症を起こします。

そうすると親指の付け根が赤く腫れ上がり、バニオンと呼ばれる隆起ができます。まずはバニオンによる炎症を抑える必要があるため、電気治療を行います。

ある程度炎症が治まったら、包帯、テーピングで固定をします。こうすることでかなり痛みをコントロールすることができるので、有効な治療法であると考えています。

症状が落ち着いたら、ゲートビューとよばれる足の裏の角度が測れる機械を使用していただき、結果を踏まえて様々なアドバイスをさせていただいています。

歪みがそれほどひどくない場合でしたら、靴の中にインソールを入れていただくというのも改善方法の一つです。インソールを使用することである程度の矯正は可能とされているので、当院では積極的にオススメさせていただいています。

ゲートビュー

足から身体を変える根本治療

足から身体のバランスを思考し、足の状態を変えることで治療の効果が上がる。

要するに、「足から身体を変える=根本治療」だと私は考えています。

外反母趾は親指が中指に乗ってない限り、ある程度足裏の状態のサポートしてあげることによって悪化を防ぐことができます。手術が必要になる前に、しっかり対策を立てておきたいですね。

(柔道整復師・鍼灸師 藤井憲之 監修)