超音波が骨折の癒合を早める

オステオトロン
一般的な骨折の治療では、整復・固定後に骨が自然に修復されるのを待ちます。
しかし近年、超音波を当てることにより細胞の活性化が高まり、骨折の治りを促進することがわかり、治療器として応用されるようになりました。
文献では、骨折の治癒期間が約4割(38%)短縮する効果が認められたという報告もあります。

当院でも、難治性(偽関節)の骨折に使用して、早期の癒合(くっつき)を経験しました。

オステオトロンの特徴

非常に低出力の超音波を1日1回20分程度骨折部分に当てることで、骨の再生・癒合を促します。

症例(LIPUS -リーパス- を使用しての症例)

交通事故にて負傷する。
犬の散歩中に後方より接近してきた乗用車に跳ねられた際に、タイヤに足を踏まれ負傷した。

すぐに救急病院に搬送され、硬膜下血腫の疑いにて、入院ICU治療室へ入院安静処置状態であったが、左足は粉砕骨折を患っていた。

1週間後、専門(整形外科)の総合病院へ転医し、左足の粉砕骨折にて手術(OPE)困難の状態であり、そのまま保存療法で様子をみるとのことであった。

2週間おきに、レントゲンチェックによる検査を受けるも、2ヶ月経過しても骨折は癒合しない状態で、相談に当院来院する。

その後、当院にて超音波骨折治療器:低出力超音波パルス(LIPUS:Low Intensity Pulsed Ultrasound)を開始する。

来院1週間後の外観

来院1週間後の外観
  • 来院後1週間
  • 事故ケガより2ヶ月経過
  • 歩行荷重困難(松葉杖にて来院)
  • 足指運動困難

負傷直後のレントゲン写真と治療風景

負傷直後のレントゲン(ご本人提供)
超音波骨折治療器を当てているところ

当院受診後約1ヶ月経過の外観

当院受診後、約1ヶ月経過の外観
  • 当院受診後、約1ヶ月経過
  • LIPUS治療開始3回目

足裏の腫れが引いている。「足指の運動もかなりやりやすくなった」とのこと。

当院受診後約3ヶ月経過の外観

当院来院3ヶ月経過
  • 当院受診3ヶ月後
  • 疼痛(ズキズキ感)軽減
  • 腫脹(はれ)軽減
  • 歩行荷重100%許可
  • LIPUS治療開始22回目

病院のレントゲン検査にて、医師も驚くほど旺盛な仮骨形成確認される。

骨癒合確認

骨折癒合確認:治癒時(ご本人提供)

(柔道整復師・鍼灸師 藤井憲之 監修)

インターネット予約はこちら
電話予約はこちら