スポーツの経験と治療の経験を生かしたスポーツコンディショニング

ふじい整骨院には、スポーツをして身体を痛めたり、日頃の練習の疲れが重なり体の一部分に痛み・こり感・筋肉疲労を訴え来院される方も多くおられます。
その運動の種類は、多岐に渡ります。
野球(ソフトボール)・陸上・バスケットボール・テニス・バレーボール・バドミントン・クラッシックバレエなど武道では、剣道・柔道・空手を習っている子供さんから大人まで来院されます。
ちなみに当院の院長は、野球(ソフトボール)、バレーボール、剣道の経験者です。
バレーボールは、中学生の時に始め、社会人になってしばらく大阪のクラブチームに所属し、毎週のように大阪の体育館まで練習と試合に出かけていました。

10年以上のボランティア活動の経験から

少年野球選手に対する「野球肘」メディカルチェック
少年野球選手に対する「野球肘」メディカルチェック

野球に関しては、ここ4、5年は、はりまメディカルチェック研究会の副会長として、主にエコー(超音波画像観察装置)を担当し、未来のある野球少年達の夢を守るため「野球肘」の予防と早期発見を目的としたボランティア活動にも積極的に参加しております。また、ボランティア活動として加古川マラソンのトレーナーとして10年に渡るボランティアを通じて、マラソン選手をケアしてまいりました。
その他、加古川ツーデーマーチにおいては、10年間ウォーカーの方の体のケアを行い、ここ4年間は「足の無料トラブル相談所」を開設し、さまざまなウォーカーの皆さんの足のトラブルの相談に答えてまいりました。いわば足のケアスペシャリストでもあります。

妻はバレエ歴30年以上

藤井みわ
藤井みわ

そして、院長の妻 藤井みわはバレエ歴30年以上の経験を持ち、現在もバレエのレッスンに通い、子供から大人までバレエレッスン指導を行っていました。
クラッシックバレエは、傍から見ると綺麗な芸術的で優雅なもののように思いますが、実はその動きはかなりハードなものです。また、すべてのダンスの要素が含まれているため、ダンス・体操・フィギュアスケートなどのスポーツの基本的な動きの基礎になるものであり、多くの一流選手はバレエを習う方も多いですね。

バレエを熟知するめずらしい柔道整復師です

妻の体のケアを通じて、またバレエ教室からのご紹介で来院される子供から大人の方の身体のケアを15年以上に渡り行ってまいりました。
そのご縁もあり、バレエ発表会においてゲストダンサーの急なトラブルに楽屋までお邪魔して有名プロダンサーの方々をケア・治療することもありました。
バレエ特有の身体の使い方・動き・バレエ用語を熟知する整骨院の治療家は全国でも稀であると思われます。