加古川・高砂・明石・姫路で腰痛、寝違い、足のトラブルのため整体・鍼灸、ケガの治療ならふじい整骨院

こんにちは。

加古川市別府町のふじい整骨院の藤井です。

膝の変形による痛みで悩んでおられる方は、大変多くおられます。

 

文献によりますと、

膝が変形して痛みがでている患者さんは、推定で800万人とも1000万人以上いるとも言われています。

 

また、膝が痛くなると生活に支障がでてくるので、

介護保険が充実しつつある日本においても要支援の原因の第1位だそうです。

それだけ膝の痛みに悩んでおられる方は多いということですね。

 

 

今回、このブログを書こうと思ったきっかけですが、

当院にお越しの患者様から

「膝に水が貯まって、歩くたびに痛みます。」

「病院でヒアルロン酸の注射は受けているけど、他に良くなる方法はないでしょうか?」

というお悩み相談がありました。

 

このブログを読むことで、

水が貯まったお膝の痛みの原因について、理解していただけるかもしれません。

最後までお読みいただけますと幸いです。

 

変形性膝関節症には、注射とリハビリしかないの?このまま治らなかったら。。

 

ご相談があった方は、普段はパート勤務で立ち仕事をされていました。

なんとか仕事はできるものの、動かす度に痛みを感じるため仕事に支障がでておられました。

また、普段の生活でも家の階段をのぼったり、降りたりする動作がしにくいため、

なんとか楽になりたいという気持ちをお持ちでした。

 

現在、病院に通って注射と膝のリハビリを受けておられたのですが、

「自分の膝は、このままよくなっていくのだろうか」

「骨が変形していると言われたので、病院でしか治療ができないのだろうか」

「治るまでどのくらいかかるだろうか」と色々と悩み、心配になってお越しになられました。

 

お膝に水が貯まるのはなぜ?

変形性膝関節症の痛みの原因と関係が。。

 

お膝に水がたまる現象について少し説明していきたいと思います。

なぜ、膝に水が溜まるのでしょうか?

 

膝に溜まった水は、実は炎症を抑えるため(熱を冷ます)に体の中から出てきたものです。

炎症を起こした膝を、水を溜めることで抑えようとしているのです。

 

例えば、車のエンジントラブルでおきるオーバーヒートを例に説明すると、

オーバーヒートとは、車のエンジンが熱くなりすぎて停止してしまう現象です。

そうならないように、ラジエーターとういう冷却装置が水を循環させて、エンジンの熱を冷まそうとしています。

 

※この車で言うラジエーターの部分が、膝の中にある袋の部分(水があるところ)にあたります。

 

膝の中にある袋に水を増やして熱(炎症)を冷まそうとする時に、膝に「水が貯まる」という現象が起きるのです。

 

では、なぜ膝が痛むのか?

膝が痛む原因のひとつは、水が溜まったことによって袋の部分にある膜を刺激することによるものです。

膝の中にある袋に水がたまると、もとの大きさの袋が引き延ばされます。

実は、袋の部分には神経が通っています。

その袋自体が伸ばされたことで、その刺激が痛みとして感じるわけです。

 

当院での治療方法について

 

当院では、まず炎症状態が強い場合は、膝周りの熱をとることことを先に行っていきます。

その後、筋肉や関節の動きをよくしながら、できるだけ膝が伸びやすくなるようにしていきます。

膝が伸びるようになれば、筋肉も十分に働くようになり、立った時にしっかりと体重を支えることができるようになるからです。

そうすれば、歩くことが楽になって痛みも治まってくることが多くあります。

 

このような膝に水が溜まって歩けない患者さんにとっては、不安が大きいと思います。

しかし、根気良く治療を続けることで、次第に痛みが楽になり、歩きやすくなっていかれる方を多く見て来ました。

お膝の痛みでお悩みの方は、一度当院にご相談いただけましたら幸いです。

 

以下にお膝に水が貯まって当院にお越しになられた患者様のお声をご紹介いたします。

 

患者様は、

加古川市在住の50代 女性の方です。

 

※PDFファイルになっています。

患者さまの声(KK)ひざ

Q:他にも同じような治療院がある中で、どのようなことが決め手になって当院をお選びいただきましたか?

私は、ひざに水がたまっていると分かっていたので、いろいろな治療をしてもらえそうだと思ったので来院しました。

口コミも参考にしました。

スタッフさんの雰囲気も乗っていて、良さそうだなと思いました。

 

Q:実際にご利用してみての感想をできるだけ具体的にお聞かせください。

コロナ渦とういう事もある中で、予約もできて良い。

とにかく親切でていねいです。

今の状態もいつも聞いて下さり、その時にあった治療をしていただいています。

かえってこちらが申し訳ないと思うくらいやさしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(柔道整復師・鍼灸師 藤井憲之 監修)

インターネット予約はこちら
電話予約はこちら

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。