加古川・高砂・明石・姫路で腰痛、寝違い、足のトラブルのため整体・鍼灸、ケガの治療ならふじい整骨院

【なかなか入りにくい“肘内障(こどもの肘の脱臼)”もあるのです】

 

こんにちは。

加古川市別府町 ふじい整骨院のふじいです。

 

こどもの肘の脱臼と表現される「小児肘内障(ちゅうないしょう)」はどういったものか?

ご存じでしょうか。

 

実は、簡単に整復できるものから、なかなか整復が難しい(入りにくい)ものまで

あるのです。

時には、「肘内障」だと思っていたら、実は「骨折」していたなんてことも。。。

 

肘内障に関しては、これまでいろんな経験をしてきています。

詳しくは、こちらに書いております。

 

こちら ⇒ 私のストーリー <肘内障整復が得意になったわけ>

 

泣く子供

 

どんな状態なの?

いわゆる「腕がぬけた」状態になっています。

突然子供(0歳から6・7歳くらいまで)が泣き出して、手をダランと下にしたまま動かさなくなり、

時に、「手首が痛い」「肩が痛い」と表現されて、母親が子どもさんを連れて来院されることも

あります。

 

絵で説明すると

 

<柔道整復師の教本より抜粋>

肘の図1

 

※肘の骨と抜ける部分の靭帯を現しています。

通常は絵の中にある輪状靭帯は、しっかりと橈骨頭を包んでいます。

手首を引っ張られて、力の方向に橈骨が動きます。

すると。。。

 

 

肘の図2

 

※輪っかになっていた輪状靭帯から橈骨頭の上から「スルッと」矢印の方向へ抜けて

しまうのです。

この靭帯が抜けることで、手を動かしにくくなってしまいます。

これにより、肘内障の症状になるのです。

 

 

 

病院で入ったと思ったのに。。。。

 

先日、若いお母さんが「3歳の男の子が肘を脱臼した(肘内障)」と、子供を連れて来院されました。

 

通常、肘内障の原因としては、手を引かれて抜けることが多いのですが、今回は車の中で転倒して手をついた拍子に発生したとのことでした。

 

すぐに、救急の病院を受診し、肘内障と診断され整復をされたそうです。

「入っていると思うが、手を動かさない場合は明日来院して下さい」と指示を受けたとのこと。

 

その夜は、まったく手を動かさなかったようで、翌日過去に通った整骨院を受診し、同じく整復操作を受けるも

「入った感じがなく、一度包帯固定をして様子をみよう」と言われ一度帰宅しました。

 

しかし、

母親が「その整骨院を信頼していないわけではないのだが、このままはずれた状態だと可哀想なのでここに連れて来ました。」

と言って当院に来院されたという経緯です。

 

過去に、2度「肘内障」を患い、その整骨院で整復してもらったので、今回も大丈夫だろうとそこへ行ったとのことです。

しかし、今回は違ったようでした。

 

ときに骨折の可能性も考えられます。

問診時に、今回のケガの経緯と発生起点など総合的に判断すると、骨折の疑いもあるので、エコー(超音波画像観察装置)で観てみることにしました。

 

専門的に言うと、骨折特有の“ファットパッドサイン”もなかったのですが、一晩はずれたままであったためか、やや関節包に腫れがみられました。

しかし、骨折はないと判断し、おそらく入りにくい肘内障であることを告げ、一度だけ整復を試みることを母親から了解を得て整復することに。

 

結果、その間5秒で“整復音”を触知して入ったことを確認することが出来ました。

「入ったよ」

母親が喜んだのは無理もありません。

 

子供は、一晩痛かったので泣き疲れていましたが、帰りに自分で服を着たり、まったく動かそうとしなかった手を少しづづ動かし始めていました。

その様子をみていて、「大丈夫だろう」と判断しました。

 

念のために、翌日確認のため来院することを指導して帰っていかれました。

翌日、来院時にお子さんは人が変わったように、弟と待合で暴れ回っていました(笑)

母親に確認すると、「家に帰るとすぐに普通に使い出しました」と報告してくれました。

 

 

なかなか入らない(入りにくい)肘内障もあります。

通常、何度か整復操作をして入らなかった場合、腫れなどがある場合は、上手く整復されないこともあります。

しばらくして落ち着いてから、整復すると入るケースも経験していました。

ですので、2回目に行った整骨院の対応も間違いではなかったと思います。

 

しかし、抜けた状態のままの子供をそのまま帰すのは、かなり勇気がいるんですよね。

 

かなり余談ですが、大昔80歳近くの年配の方を整復したことがあります。

肘内障と言えるか分かりませんが、症状は肘内障そのものでした。

(みた目は、腫れもなく動かしにくいという表現だったと思います)

 

整復操作をすると、「ボコッ」という感覚で入りました。

もちろんその場で何も無かったように、肘を動かし始められ治りました。

まぁ無いですね(笑)

 

関連記事 ⇒ こちらにも 【こどもが急に泣き出して、手を動かさないのです】

 

(柔道整復師・鍼灸師 藤井憲之 監修)

インターネット予約はこちら
電話予約はこちら

おすすめ記事

2 Comments

  1. 今日うちの息子が保育園出なったのですが、3件病院をハシゴして、ハマったと思うと言われたのですが、痛がり手を触らせてくれません。手を上げることは出来るが手のひらは下向けたまま、腕をのばし手のひらを上にしようとすれば痛くて泣きじゃくります。泣きそうです。他に病院を探す気力もなく、疲れ果てました…笑

    1. かのんさま

      こんにちは。
      大変でしたね。

      子どもさんが、手を動かさないのはもちろんまだ少し入りきれていない場合と
      心理的なものもあります。

      子どもさんの中で、少し動かすのが怖いのです。

      次の日になって、あるいは数日して普通に動かすようになることも
      あります。

      次の日に、かかった医療機関にもう一度確認していただく
      ことをオススメします。

      状況を判断して、再度検査(レントゲン)をするか、
      再度整復されるか。

      いろいろなケースか考えられますが。

      必ず良くなりますので、安心してお任せすると良いと思います。
      お大事にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。