加古川・高砂・明石・姫路で腰痛、寝違い、足のトラブルのため整体・鍼灸、ケガの治療ならふじい整骨院

こんにちは。

 

加古川市 山陽電車 「別府」駅下車。

北へ徒歩5分のふじい整骨院 院長のふじいです。

 

本日は、股関節の痛みについて書かせていただきます。
股関節は、人体の中でも非常に重要なパーツであります。
 

しかしながら、普段はあまりその重要性を感じないことが多いのではないでしょうか。

 

股関節は、

 

1.立ったり座ったりするとき

2.歩いたり、走ったりするとき

3.からだを支えたり、上半身を曲げたり伸ばしたりするとき

 

日常のさまざまなときに、自然に使っていますよね。

実は、正座するときに大切な場所でもありますし、腰痛にも大いに関係しているのです。

 

股関節の痛みの原因

股関節の痛みの原因として最も多いのが、加齢による変形です。
 
股関節の軟骨部分が変形するのですが、中年女性に多くみられます。

 
いったん変形した股関節を発症以前の状態に戻すことは不可能ですが、変形による痛みを
緩和させることは可能です。

 
股関節が変形すると、主に筋肉や関節の動きに悪影響を及ぼします。

 
その悪影響を及ぼしている部分に、電気をあてるなどのアプローチをすることで
痛みを緩和することができます。

 

年齢別 症例

【 20代 男性 】 
ここで、20代男性の患者さまの症例をご紹介しましょう。
 

バスケットボールの練習中に股関節に痛みが走ったということでした。

 

症状は、かなり痛みが強く、夜も痛くて眠れないという状態でした。

そこで、

病院での精密検査を勧めたところ、筋肉が原因だと言われたそうです。
このように、若い方ですと筋肉の使いすぎで痛みが生じるといったケースもあります。

 

 

【10代 男子】
次に、小学校低学年の患者さまの症例をお伝えしましょう。
 
股関節に痛みがあるということをお聞きし、エコーにて確認をしたところ
股関節に
水が溜まっているのが確認できた事例です。
 
このくらいの年齢のお子さまの股関節の構造は、まだ成長途中であることから、成人には
なかなかみられない症状が起こることがあるのです。
 
 
股関節に関しては、痛みがそこまで強くない場合でしたら大きな心配は
いらないでしょう。
 
ただし、「あまりの痛みで動けない・・・」など日常生活に支障がでている場合は
お早めに受診されることをオススメします。

 

 

 NPO法人 フットサポート・ピドクラブ

補足ですが、私はNPO法人フットサポート・ピドクラブに参加しており
「足から健康に、日本を元気にしよう」を理念に活動しています。

 

 

足のお悩みを抱えている方も、そうでない方もぜひ当院で足の健康について

一緒に考えてみませんか?

 

 

 

<参考サイト>

(柔道整復師・鍼灸師 藤井憲之 監修)

インターネット予約はこちら
電話予約はこちら

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です