加古川・高砂・明石・姫路で腰痛、寝違い、足のトラブルのため整体・鍼灸、ケガの治療ならふじい整骨院

こんにちは。

山陽電車 加古川「別府」駅下車。

北へ徒歩5分のふじい整骨院院長のふじいです。

 

 


本日は、足の親指側の痛みを誘発する「外反母趾」について

書かせていただきます。

 

外反母趾とは?

外反母趾とは足の変形のことで、母趾(足の親指)の付け根の関節が第二趾のほうに

「くの字」に曲がったものをいいます。

 

 
外反母趾の変形を完全に治すことは難しいですが、外反母趾による関節の痛みを緩和させることは
できます。

 

整骨院でできる外反母趾の具体的な治療

それでは、具体的な治療法をご紹介しましょう。

 

親指の付け根の関節の周囲が靴などで繰り返し圧迫されると、その関節の周囲にある
滑液包(かつえきほう)という部分が炎症を起こします。

 

 

そうすると親指の付け根が赤く腫れ上がり、バニオンと呼ばれる隆起ができます。

 

 

 
まずはバニオンによる炎症を抑える必要があるため、電気治療を行います。
 
ある程度炎症が治まったら、包帯、テーピング等で固定をします。

 

 

こうすることでかなり痛みをコントロールすることができるので、有効な治療法であると
考えています。
 

 

さらに症状が落ち着いてからできる方法

症状が落ち着いたら、ゲートビューという足の裏の角度が測れる機械を使用して、
その結果を踏まえて様々なアドバイスをさせていただいています。

 

ゲートビューの
詳しい記事は、こちら。
⇛ https://fujii-seikotsuin.com/cure/gaitview

 

 

歪みがそれほどひどくない場合でしたら、靴の中にインソールを入れていただくというのも
改善方法の一つです。
インソールを使用することである程度の矯正は可能とされているので、当院では積極的に
オススメさせていただいています。
 

 

“足から身体のバランスを思考し、足の状態を変えることで治療の効果が上がる”
 
要するに、「足から身体を変える=根本治療」だと私は考えています。

 

 

外反母趾は親指が中指に乗っていない限り、ある程度足裏の状態のサポートを
することによって悪化を防ぐことができます。

 

 

手術が必要になる前に、しっかり対策を立てておきたいですね。
 
 
 

(柔道整復師・鍼灸師 藤井憲之 監修)

インターネット予約はこちら
電話予約はこちら

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。